昭和レトロな赤坂の思い出

昭和レトロな思い出を書きます。主に赤坂中心ですが、東京近郊にわたると思います。
趣味の話も書くつもりです。

赤坂見附駅

 地下鉄「丸ノ内線」は大正時代に計画が立てられて、だいぶ紆余曲折があったようです。検索してみましたら「赤坂見附」から乗れるようになったのは昭和34年のころだったようです。


 「銀座線」はすでに「赤坂見附」駅が利用できていました。今度「丸ノ内線」ができるけれど、「銀座線」より音が静からしいよという触れ込みでした。実際通ってみると「銀座線」よりむしろうるさかったです。


 「赤坂見附」駅は現在もそうですが、昭和34年当時から「銀座線」と「丸ノ内線」がホームで乗り換えられました。ある時「赤坂見附」駅で「銀座線」に乗り込みました。するとちょうどホームの反対側に「丸ノ内線」も来ていて扉が閉まるところでした。
 「ギャーーーッ!!」という子どもの悲鳴が聞こえたので、そちらを見るとぼくと同年代の子どもが電車の扉が閉まるときに腕を挟まれたようです。
 そのシーンがあまりにもショックだったので、長期間丸ノ内線は恐怖の的でした。

都電、バスの思い出

 青山通りは昭和38年ごろ拡幅されたと思います。それ以前、表町から渋谷に出かけるときは都電に乗って行ったと思います。


 青山六丁目という停留所があって、その付近に青山操車場が見えました。門があって車両が並んでいるのを電車内から眺めて子ども心に物々しいと感じました。
 現在は青山劇場ですか、こどもの城があってけっこう目立つスポットになりました。地下鉄「表参道」駅からも近いです。子どものころは「神宮前」という駅でした。戦前は「青山六丁目」という駅名だったようです。


 近年骨董通りなどと呼ばれている道路へは8番線(長らく6番線と思い込んでいました)の都電が曲がって行き、新橋駅行きと書いてありました。これは六本木を通ったと思います。現在でも路線バスで残っていると思います。


 幼稚園で同級だったWさんは骨董通りの交差点で都電を乗り換えていたのかなと思います。平河町から乗ってぼくは表町で降りてしまいます。当時彼女は青山高樹町に住んでいました。ぼくはアッコちゃんと呼んでいました。可愛い子だったので、真ん前に立つようにしていました。1歳上の青山の瀬戸物屋の息子が横から押してくるので思わずぼくは「君もこの子が好きなの?」と言いました。乗客の大人たちは笑っていました。



 渋谷でよく見かけたのはトロリーバスです。乗った覚えはほとんど無いですが、池袋駅行きのトロリーバスが駅から明治通りを走っていくのを何度も見かけました。

手みやげの飴

 青山のS工務店の奥さんは時々表町のうちに来ました。うちうちではS大工と呼んでいたのですが、その奥さんが必ず手みやげに七色の模様に染められた飴を持ってくるのです。どこの店で売っていたのか判りません。おそらく青山のどこかに店があったのでしょう。S工務店は青山南町にありました。
 その飴は透明なガラス瓶に入っていました。フタは金物です。飴の模様はキレイです。白地の飴に赤、青、黄、緑、茶と鮮やかに帯状の模様が付いていました。ですが、毎回同じものを手みやげに持ってくるのです。初めのうちは物珍しさと甘いものに飢えていましたから、有難味がありましたが、毎回々々ではまたかと思うようになりました。
 S工務店には表町、台町、世田谷と何軒も家を建ててもらいました。あちらとしてはうちはお得意さんです。初めは有難味があったかもしれませんが、何軒も家を建てているうちに「新築なさるのはいいかげんにしたほうが」「これで落ち着きなさい」と酒宴で冗談交じりに言うようになりました。
 うちの祖母も母も新築するのは大好きで住み始めると数年で飽きてしまう性格でした。一種の病気みたいなものです。世田谷で新築する際は恥ずかしいので地元の工務店に依頼しました。
 ところが、数年後ある中古の家を買うことになり、売り主に会ってみたら、そこの奥さんがS工務店の旦那さんの実妹でした。

祖母からおこづかいをもらう

 4、5歳のころと思います。祖母が勤め先のM信用金庫にぼくを連れていってくれました。社内を見渡しても子どものことで何が何やら判りません。たまたまその日は外交が無かったのかもしれません。祖母は事務的作業を終えていっしょに家に帰ってきました。
 信用金庫は赤坂通りに面した赤坂新町(赤坂5丁目)にありました。TBSの角を曲がって一ツ木通りを歩き丹後町の路地に入りました。この辺は4丁目です。結帯本家のK屋や長崎カステラ本家F屋の路地です。それと丹後町の名前の由来でしょうか、丹後坂が右手にあります。坂と言っても路地に面して広めの階段になっていて風情があります。ずっと昔から階段だったかどうかは不明です。
 丹後町から表町の路地に入ってふたり手を繋がんばかりに歩いている時、祖母は500円をくれました。そのころ五百円玉があったかどうか記憶があいまいで確認していませんが、五百円玉だったような気がします。今考えれば手渡すタイミングが絶妙だったと思います。それに当時の500円は子どもにとってかなりの金額です。思わずぼくの口からお世辞が飛び出ました。
「やっぱりぼくはおばあちゃんが一番好きだよ」
 この一言が、後年父がぼくを冷やかすように「〇〇〇はおばあちゃんと気が合うからな」なんてことを言う下地になっていたのかもしれません。母がいつも祖母の悪口を言っていたので、ぼくの一言で祖母は仲間を得た気分になったのかもしれません。実際ぼくは本当におばあちゃん子になりました。
 ですが、もっと深読みすれば父は母親(祖母)からの愛情を取られたような感覚も何分の一か混じっていた可能性があります。

給食

 戦後の給食は昭和20年に脱脂粉乳、昭和21年ごろアメリカ的なシチュー、といっても中身はミルクににんじんなどの野菜を刻んだものが入っているだけと聞いていますが、そういうものがN小学校で始まりました。保健のF先生が思い出を語ります。
 「あのころトイレが汚くなったんです。生徒が飲み慣れぬ脱脂粉乳を飲むのでおならや下痢が増えたから。」
 この事実をGHQに相談しました。即却下されました。栄養があるから、と。
 学校給食感謝の歌までできました。大津三郎作曲、原田明俊作詞で、
 「朝から早く 学校で PTAのお手伝い 真心こもる 給食を 共にいただく 昼餉どき みんなで思う 父母の恩 おいしい給食 ありがとう」
 現代でこそ給食はおいしくなったのでしょうが、ぼくらの時代はお世辞にもおいしいとは言えませんでした。毎回残さず食べることはけっこう大変な時もあったと個人的には思います。
 昭和38年脱脂粉乳論争が巻き起こりました。「是」は安全で優れている、「非」は家畜のエサだ、飲み残しが多い、と。60年安保と関係があったと語る人もいます。昭和40年代には牛乳に変わります。
 ちなみに給食の人気メニューは3位が鯨の竜田揚げ、2位は揚げパン、1位はカレーシチューだったそうです。