昭和レトロな赤坂の思い出

昭和レトロな思い出を書きます。主に赤坂中心ですが、東京近郊にわたると思います。
趣味の話も書くつもりです。

赤坂組

 幼稚園、小学校と同期で同じ組にはならなかったものの、赤坂の人はいます。


 赤坂3丁目、昔の住居表示だと赤坂新町でしょうか、料亭Mの娘さんです。幼稚園のころの集合写真を見ると幾分地味ですが、10年ぐらい前に同窓会でお会いした時はすっかり美人のマダムになっていました。ご両親は離婚されているそうで、料亭も現在はありません。
 同じ赤坂出身で小学校もいっしょでしたが、50にさしかかったころに初めて話すというのも不思議な感じでした。この方、中学からは私立のY学園でやはり小学校同期のコッペと同じです。


 そういえば、Hさんも赤坂出身で幼稚園、小中と同期でしたが、Hさんの住所も知らず(名簿が家の中で行方不明)普通のうちか料理屋さんか判りません。
 ただHさんと言うと赤坂で有名な方がいらっしゃるので関係があるかもしれません。屋号は「F」です。


幼稚園の人々 その3

 同期の赤坂組はN質店のN君がいました。先祖は赤坂の大元締めで氷川神社にも名前が刻まれています。M衛門という人です。残念ながらN君は昨年病気で亡くなりました。


 赤坂新町(現在は5丁目)の赤坂通り沿いにあった果物屋のA君もいっしょでした。勉強ができてプライドも高かったです。


 丹後町の文房具屋のT君も同期でした。バブルのころ地上げ屋の相当な誘惑があったそうですが、頑として赤坂の地を守り抜きました。


 赤坂田町のタイヤ店のT君も同期でした。彼は跡継ぎに相応しい名前でした。


 一ツ木町のY君は小中といっしょでしたが、幼稚園は中ノ町へ通っていたそうです。でも現在その幼稚園は檜町に当たる場所にあります。作家の里見弴が昔通っていたという情報もあります。


 檜町といえば現在は赤坂小学校がありますが、昭和の時代は檜町小学校でした。妹が1年だけ通いました。
 他の赤坂組でMさんは小中で同期でしたが、R坂幼稚園に通っていたそうです。


 赤坂新町のT君も小中は同期ですが、幼稚園はいっしょかどうか記憶が定かではありません。彼はのちにM信用金庫に勤めました。

幼稚園の人々 その2

 平河町方面のクラスメイトもいました。


 OさんとTさんです。Oさんの実家は隼町だったかもしれません。現在は海外在住です。Oさんのお母様はそれは目立つ人でした。OさんもTさんも料理屋さんで、Tさんのお父さんは名料理人でテレビなどにも時々出演していました。


 永田町にはSさんが住んでいました。Sさんは大人になって有名〇〇〇プレーヤーになりました。お父さんは消防署に勤めていました。


幼稚園の人々

 平河町の停留所で降りて通っていたのは、N幼稚園です。


 N幼稚園の同期で赤坂のひとは赤坂田町のGさん(数字が二つ入っている珍しい苗字)このひとは幼稚園児と思えないぐらい大人びた美人でした。
 真面目な感じのSさんもGさんと近所だったと思います。二人とも料理屋さんの娘だったかな。住居表示的には現在は赤坂3丁目です。


 赤坂新町だったか田町だったかバッテリー屋さんの娘Tさんも同期です。50過ぎた時点で幼稚園時代と同じ色白の顔です。Tさんが夏の体育の時間水着に着替える際、ぷりんとパンツを脱いでしまい白いお尻が印象的でした。びっくりしたので覚えています。


 赤坂新町のH美容室のH君はおかあさんと似ていました。ここも3丁目です。


青山通りの都電

 現在では薬研坂のてっぺんに横断歩道があります。信号もあります。
 昭和30年代特にオリンピック前は青山通りの交通量は少なかったと思います。横断歩道ももちろんありません。


 都電9番線「水天宮行き」と10番線「須田町行き」が表町もしくは赤坂支所前を通りました。バスも走っていました。幼稚園のころは都電で平河町まで乗っていきました。小学校からバスに乗って通ったような記憶があります。


 9番線と10番線は三宅坂で左右に分かれます。銀座方面に行くときは9番線に乗って行きました。