昭和レトロな赤坂の思い出

昭和レトロな思い出を書きます。主に赤坂中心ですが、東京近郊にわたると思います。
趣味の話も書くつもりです。

お酒の変遷 ウィスキーから焼酎へ

 田宮二郎とか川崎敬三、若尾文子が出てくる映画ではハイボールというセリフが多いです。ダブルを頼むときはイヤなことがあったとき。映画の中でVAT69とか銘柄が出てきます。


 ぼくらの世代だとハイボールはほとんど死語でした。ウィスキーに炭酸を入れるのはキャバレーに行ってる大人の金持ち、若い世代はたいがい水割りかロック、コークハイ、ウーロンハイがほとんど、コークハイは炭酸が入っていますが、ハイボールとわざわざ注文するのは上の世代だったと思います。


 父の世代だと久しぶりの訪問客には氷は付いていました。うまくいけばミネラルウォーターだったでしょう。ぼくらの世代でも金持ちのホームパーティーに氷とミネラルウォーターは必須アイテムだったように思えます。その折炭酸があってもおかしくはない。


 そのうちいつの間にかチューハイが主流になりました。ウィスキーは高く、焼酎は安いためでしょう。焼酎というと肉体労働者が飲むものという観念は頭の隅にありました。あれは乙種焼酎で我々の若いころは甲種焼酎だったのですが・・。


 なのでぼくらの世代はちょうどウィスキーから焼酎に移行する変わり目だったかもしれません。お酒の味を楽しむなんて余裕はありません。飲み会でいかにスムーズに事が進行するかを考えていた年代です。ウーロンハイとチューハイの味の違いなど無意識裡に進行していた感ありです。
 
 それとジンなどクセの強い酒も流行りました。ジンライムとかなんでこんなにクセがあるのかと思いながらあおいでいたように想い出します。


 家で一人で飲むこともありました。80年代だったと思います。スーパーで買った樹氷?なる焼酎を何本か買った記憶があります。25度と35度があったと思います。サントリーオールドも1、2本、サントリーホワイトも1、2本呑んだ記憶があります。


 日本の大手洋酒メーカーの創業者Tさんは表町のうちに妾を囲っていました。松濤のN
侯爵のお嬢さんです。


 数年前からハイボールが復活して流行るようになりました。ぼくも久しぶりにウィスキーを注入してみました。何が入ってるかわからない中国の白酒を呑むより国産のウィスキーを呑んだほうが安心と言えるでしょう。ハイハイニッカなかなかですね。


 これから国産ウィスキーも少しずつ試してみようと思います。

Henri Salvador アンリ・サルヴァドール

 アンリ・サルヴァドールはブラジル近くのフランス領の島で生まれました。



Henri Salvador - Jazz Méditerranée (music video)
 この曲の収録アルバムは忘れましたが、最後のアルバムと同時期に発売されたDVDに収録されたと思います。(ひとにプレゼントしたのでぼくは未見)





Dans mon ile - Henri Salvador
 この曲を含むアルバムを残して90歳で亡くなりました。録音時80代後半ですが矍鑠としたスナップ写真が見られます。ベテランミュージシャンに囲まれて和気あいあいと、しかも質の高いアルバムに仕上がっています。渋谷のタワレコで試聴して即買いました。

夏目漱石の漢詩

 夏目漱石は晩年一日一句漢詩を作っていました。俳句より漢詩のほうが親しみを感じると正岡子規への手紙に書いています。

 東京帝大に入る前に二松学舎に漢文を学びに通っています。漱石の年代は幼少から漢文は習っていたと思いますが、二松学舎でさらに強化したのだと思います。


 明治43年9月22日の漢詩


 無題


 圓覺曾參棒喝禪
 瞎兒何處觸機緣
 靑山不拒庸人骨
 囘首九原月在天


 「読み下し文」
 円覚に曾(か)って参じぬ 棒喝(ぼうかつ)の禅、
 瞎児(かつじ)は何処(いづこ)にか 機縁に触れん。
 青山は拒まず 庸人(ようじん)の骨を、
 首(こうべ)を九原(きゅうげん)に回(めぐら)せば 月 天に在り。



 曾って私は、円覚寺に出向いて臨済のきびしい禅風に参じたものである。が私は、瞎児同然血のめぐりが悪いので、どこへいってもさとりの機縁に恵まれなかった。
 だが、人間の行きつく場といわれる墓地は、この煩悩具足の凡夫である私ごときものの骨でさえ受け入れて下さるべく待ちかまえている。しかしこのたびは、その青山に招かれずに相いすむこととなった。つらつら懐(おも)うのに、彼の闇(くら)いはずの黄泉(よみじ)が、どうしたことか、皓々(こうこう)たる月が天に輝いているかのように思えてくる。


                  (参考:漱石詩集飯田利行)

バルバラ ② Barbara シャンソン

 前回のバルバラ ①があまりに過疎っていたので落ち込んでいましたが、めげずに②を挙げます。



Dis, quand reviendras-tu? -Barbara- Subtitulada
 いつ戻ってくるの?






Barbara Nantes
 ナント





Barbara - Chapeau bas (Première version radio - 1958)
 シャポー バー
 昭和のころ、いやあシャッポを脱ぐよとか大人は言ってました。




Göttingen -Barbara- Subtitulada.flv
 ゲッティンゲン





Barbara
 黒い鷲 大ヒットしました。






Barbara - Marienbad (1973)
 マリエンバート

昭和レトロな歌謡ポップス

 昭和20年代はラテン一般をジャズと呼んでいた時期があります。ラテンでもないジャズでもないポップス(C&W、R&R等)も存在していました。もちろん海外のカバー曲のほうが多いわけですから元のジャンルを正せば答えは出ます。〇〇風歌謡ポップスでしょうか。




Izumi Yukimura - BLUE CANARY
 名曲だし歌も伴奏も抜群です。



Mambo Italiano - Izumi Yukimura
 元の音源はSPレコードのようですが、90年代にCD化されいい意味でドンシャリなウッドベースが気持ちいいです。
 中尾ミエ、伊東ゆかり、園まりが唯一煙たがる存在かもしれません。



 音大きめです。

Chiemi Eri - USKUDARA
 中東は昔、中近東と言ってましたね。パーマネントのかけ方がサザエさんに似ています。サザエさんの役をドラマでやったのもうなずけます。




 音大きめです。

anniversary song rock yuki tominaga.wmv
 富永ユキさんは歌がうまいです。顔もカワイイですしスタイルもいい。
 「愛と希望の街」という大島渚監督の映画に出演しました。下町の長屋に暮らす少年は伝書鳩を街頭で売って生活費に充てていました。伝書鳩なので売り主の少年のところに戻ってきてしまいます(苦笑)。





浜村美智子 バナナ・ボート
 バブルのころでしょうか。日比谷線の車内で浜村美智子を見かけました。男たちを2、3人侍らせていました。




青春サイクリング 唄 小阪一也 台語歌/青春的飛輪/カラオケ/字幕
 小坂一也はカントリー&ウエスタン歌手と捉えていいのでしょうか。
 かまやつひろしもそうだったらしいです。チャーとの対談で1962年にはハワイで弾き語りをしていたと証言しています。ただジャンルは不明です。


 
 おまけ

私の青空(My Blue Heaven) 二村 榎本 石川
 昭和2年か3年ごろのヒット曲。80年代に小石川図書館で借りて、記憶がよみがえりました。戦後もエノケンらが歌っていたはずです。
 二村定一は「君恋し」も歌っていますが、ぼくらの年代だとフランク永井が馴染みがあります。父がよく口ずさんでいました。