昭和レトロな赤坂の思い出

昭和レトロな思い出を書きます。主に赤坂中心ですが、東京近郊にわたると思います。
趣味の話も書くつもりです。

Jaco Pastorius ジャコ・パストリアス  カバー


Portrait of Tracy - Jaco Pastorius - Bass Cover






Michael League, Cory Henry, and Nathaniel Townsley - Continuum






The Star-Spangled Banner, played by Gabriel Severn (G7 Bass) age 11. Inspired by Jeff Berlin.

鳥人間コンテスト スカイダック SKY DUCK

 遠くに私鉄駅の「駒沢公園」の字が見える。路地を歩いていたらちょうどバスターミナルのところに出たわけ。足も疲れたし、バスがガラガラだから乗ってみよう。


 懐かしいシートだ。今は全席前向きがほとんどだが、このバスは中ほどから後ろは向き合って座る昔風のシート。両手が伸ばせて解放感がある。


 バスが動き出した。いきなり路地に入っていく。停留所があるのかな?
 幹線道路ぎりぎりの路地を行くんだ、路線バスに時々あるパターンだな。駅から足の便が悪い住民に配慮した路線か。
 途中1個停留所はあった。一人だけ乗った。バスは発車したが、
 さっきのバスターミナルに戻ってしまった。


 なるほどそうか。バスターミナルが狭いのでUターンできず、いったん路地に入ってぐるっと回って来たんだな。終点+1=起点ということになる。


 おざなりの停車時間は1分程度だった。やっと出発進行だ。
 バスは小高い丘を疾走し出した。駒沢公園に丘なんてあったのね。


 でも久しぶりの路線バスの旅。今流行ってるしなぁ。


 タイヤが砂利を轢く音が聞こえる。何だよ、舗装されてないのか、ここは。


 海が見える。てことは大井ふ頭だなたぶん。


 ちょっ、海水浴場じゃないか。大森海岸という言葉は聞いたことがある。海苔の産地だ。


 80年代から90年代、大森の海苔はうちでよく食べた。焼き海苔がパリパリしてておいしかった。もしかしたら浅草海苔より美味いかも。お中元お歳暮にも10回ぐらい利用したことがある。大森海苔問屋街も散歩したことがある。



 気づいたら、ぼくが運転席に座っていた。海水にじゃぶじゃぶ入っていってるよ。海水浴の子どもたちがギャーギャー笑いながらこっちに手を振ってる。


 やいやいバスの軌道だからしょうがないだろ。


 てことは水陸両用バスか。スカイダックだったんだな。あれは確か浅草とか下町を巡回するのと、横浜のみなとみらいを巡回するのがあったはずだ。何と大森にも開設したのか。
 こりゃめでたい。


 しかもトロリーバスだ。だから海岸に近いところでも走れるんだ。


 トロリーバスは昭和30年代はよく見かけた。渋谷に着くころ宮益坂を下りていくと、バスから見えた。国電のガードをくぐって明治通りを左折するトロリーバスを何度か見たことがある。池袋駅行きだった。


 トロリーバスは無軌条電車のカテゴリーだから電車なのだ。だけど路面電車と違い軌道を敷設する必要がないし、重いバッテリーを搭載しなくてもパンタグラフで通電してどこまでも走れるのだ。


 海水浴客は笑いながらぼくの運転するスカイダックに轢かれていく。


 つーかさっきから気づいてたんだが、足こぎだよ。何だ電動アシストチャリじゃないか。外枠だけ水陸両用バスだが、実のところペダルとスクリューが繋がっていてずっと漕いでいなきゃいけない。バスの格好した張りぼてだ。


 ミヤネ屋の鳥人間コンテストが頭をよぎった。


 海岸から丘にのぼって目が覚めた。




 昨日の朝方見た夢です。

鯔(出世魚:いな、ぼら)  柏木如亭

 柏木如亭の『詩本草』から「いな」を挙げます。


  鯔(いな)

 遊讃既に倦み、舟を買ひて備に回(かへ)る。時に十二月十五、天晴れ風静かにして、大小の諸島争ひて図画を献ず。
 舟中復た一点の寒無し。乃(すなは)ち居停(きょてい)主人餽(おく)る所の鯔(いな)を焼いて晩食す。
 その味奚(なん)ぞ止(ただ)に八珍(はつちん)のみんらんや。夜半(やはん)竟(つひ)に西大寺の下に泊す。
 月光凄涼(せいりゃう)として異客(いかく)の感無きこと能はず。一絶を口占(こうせん)してこれを遣る。
                           (原漢文)



 分夜の鐘声 浪堆(らうたい)に落つ
 孤舟泊して近し 法王台
 人と同じく睡(ねむ)らざるは天辺の月
 偏(ひと)へに疎篷疎(そほうまば)らなる処を鑽(き)り来る
                           (原漢詩)


 (註)
 遊讃=讃岐への遊歴。如亭は文化七年冬、四国の讃岐高松に遊歴し、十二月十五日高松から備中庭瀬へ舟で戻った。

 備中庭瀬
 
 献図画=絵のような景色を見せる。
 一点之寒=少しの寒さ。
 居停主人=寄寓先の主人。
 餽=金銭や食料などを贈る。
 鯔(いな)=原本では魚へんに子と表記しています。鯔(ぼら)の幼魚。『魚鑑』の「いな」に「初生をおほこといひ、微しく育たるをゑふなといふ。二歳のものをいなといひ、三歳をすばしりといふ。閩志にはいなと名づく。四歳以上をぼらといふ。即鯔魚なり。十歳以上をとゞといふといへり」。

 ぼら=いな


 八珍=八種の珍味・美味。
 西大寺=岡山市西大寺にある真言宗の金陵山西大寺。

 西大寺


 凄涼=もの寂しい。
 口占=詩文を草稿を立てずに、口ずさんで作る。
 分夜鐘声=夜半に撞く鐘の音。張継「楓橋夜泊」詩の結句「夜半鐘声客船に到る」を意識した表現。

 「楓橋夜泊」張継


 浪堆=浪の盛り上がった所。
 泊近=版本の送り仮名に従えば「泊し近く」と訓読すべきだが、意味によって「泊して近し」に改めた。
 法王台=寺院の意。西大寺を指す。
 鑽=うがつ。ここは月光が隙間から射し込んでくることをいう。
 疎篷=舟の上に粗くふいた苫(とま:竹や茅などで編んだ覆い)。



        (参考:岩波書店)

ゴキブリ退治

 一昨日寝る段になって寝室の明かりを消した途端に、カサカサとゴミ箱の中でゴキブリを発見しました。何年ぶりでしょう。


 めったやたら除菌アルコールスプレーを噴射しましたが、タンスの陰に隠れてしまいました。不安だったので明かりを一晩中つけたまま寝ました。


 翌日はトイレと食事の注入以外はベッドに突っ伏して寝ていました。


 寝ても寝ても眠いので軽いうつかなと思って、夕方になってようやく移動ができたのでキッチンの薬箱を漁りました。


 デパスを一袋溶かして注入しました。少し落ち着いたかな。
 これは昨日のことです。



 今日夜になって、同じ寝室の収納のへりをゴキブリが這っていたのでベッドサイドに用意してあったバスマ〇ックリンを噴射しました。さすがに後戻りして収納の中に隠れてしまいました。


 ジ〇イのようにイチコロに殺傷能力があるかどうかわかりませんが、確かに界面活性剤は入っているので効き目はあると思います。


 収納の逃げ口を全て封鎖するようにマジッ〇リンを噴射しました。待ち伏せ作戦です。どうせ夜中にゴソゴソ始まるのでしょうから。



 明日ヘルパーさんが収納の扉を開けて絶叫するかもしれません。
 ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ