昭和レトロな赤坂の思い出

昭和レトロな思い出を書きます。主に赤坂中心ですが、東京近郊にわたると思います。
趣味の話も書くつもりです。

Albert Roussel アルベール・ルーセル 眠りの精

 アルベール・ルーセル(1869-1937)はフランスの作曲家。25歳まで海軍軍人で仏領インドシナまで行ったことがあります。



A. Roussel - Le Marchand de sable qui passe Op. 13
 「眠りの精」(1908)ジャン=オーブリの劇のための音楽。


 ルーセルの室内楽的な管弦楽のCDは何種類か出ています。ドビュッシーやラヴェルに近い部分もありますが、ストラヴィンスキー的なものもあるようです。


 個人的にはフランス印象派の室内楽的な小管弦楽が好きです。この曲もどこかノスタルジックな面に魅かれます。


 管楽器のソロなど、遠い昭和の白昼夢のような夢幻の世界を感じさせてくれます。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。