昭和レトロな赤坂の思い出

昭和レトロな思い出を書きます。主に赤坂中心ですが、東京近郊にわたると思います。
趣味の話も書くつもりです。

ホラーティウス『詩論』

 ホラーティウスの『詩論』より「詩人について」を引用します。ホラーティウス(ホラティウス)についてはwikipediaなど参照してください。



  (3)295-476 詩人について
 295-308 デーモクリトスはヘリコーンから正気の詩人を締め出した。狂気の詩人と、砥石の役を果たす正気の批評家。


 309-322 道徳的義務を理解することによって、それぞれの人物にふさわしい性格をあたえることが可能になる。


 323-332 ギリシア人はほまれを、ローマ人は富を得ることを少年の頃から学ぶ。ローマの少年が教師から算数を教わる光景。


 333-346 詩人が狙うのは、有用性か、よろこびか、あるいはその両方か。


 347-360 欠点を大目に見てもらえる場合と、そうでない場合、ホメ―ロスが居眠りすると腹が立つが、長い作品であれば仕方ない。


 361-365 詩は絵と同じである。


 366-384 詩人は一流でなければ詩人ではない。だが詩作を知らない者が詩をつくるのはなぜか。


 385-390 ミネルヴァの意に添わないなら、語ることもできない。詩をつくったなら批評家の意見に耳を傾け、9年目まで待って発表すること。


 391-407 詩人は文明と文化をもたらし、ほまれと名声を享受した。オルペウス、ホメ―ロスなど、過去の詩人の例。


 408-418 詩人には才能と技術のどちらが必要か。


 419-437 詩人は追従者に気をつけなければならない。


 438-452 詩人は率直な批評家を必要とする。


 453-469 狂気の詩人が井戸に落ちても放っておくがよい。アイトナー山の火口に飛び込んだエムペドクレースの例。


 470-476 狂気の詩人とが詩を書きまくるのはなぜか。



 これらは問いです。答えは本文の続きを本屋か図書館で確認してください。長いので割愛させていただきます。



 (参考:岩波文庫)

Kaikhosru Sorabji カイホスルー・ソラブジ

 カイホスルー・シャプルジ・ソラブジ(Kaikhosru Shapurji Sorabji)は19世紀末のイギリス生まれです。インド、スペイン、イタリアの血が流れているようです。96歳まで生きました。

 この写真だと『盲目の梟』(短編集)のイランの作家ヘダーヤトに似ている。


 私はジョフリー・マッジ演奏の5枚組のCDを持っていましたが、あまりに難しく、引っ越しの時に売却しました。今はアムランなどによるCDを持っています。


 マッジの録音は「Opus Clavicembalisticum」という曲でした。それまでソラブジ自演のレコードはありましたが、本人の許可をやっと取りマッジが吹き込んだCDです。ソラブジが長生きだったので本人にも聴かせられたと思います。

 今や幻の名盤とされています。
 検索したけれど音は出てこない。YouTube以外なら聴けます。




 これは演奏者も曲も違います。雰囲気はこういう感じでした。




Sorabji: Cadenza I
 これは若手のピアニストです。この曲などはスクリャービンの耽美と法悦を現代音楽化させたような感じがします。
 他に「超絶技巧百番練習曲」があります。この中にはスクリャービンにまつわる曲もあります。



退院後の不調 (入院中のこと)

 退院して1、2日はまあ普通だったのですが、そのあと不調になりました。めまいまで行かないけれど後頭部から首がズーンと重い。


 軽い風邪かなと思いました。退院前の検査ではインフルではなかったので、風邪かなと。病院は菌がウヨウヨいるでしょうし。


 それでユンケルロイヤル顆粒とかガーリックパウダーとかカレー粉を水に溶かして注入してみました。おかげでだいぶ回復しました。


 ですが、日本酒をコップ半分ぐらい注入したら全然酔わない。慎重に半分にしたせいかな、と油断しました。
 ちょっと身体を横にしたら逆流してしまいました。ジャーと吐いてしまいました。


 医師から逆流を防ぐ喉の筋肉を一本切るので逆流しやすくなる、と手術前に聞いていました。うわあ、お酒だけ逆流するとは。
 コーヒーもココアも逆流しなかったのに、日本酒は胃の中でチャプチャプしていたのだろうか。
 これからは用心しよう。


 明日退院後の外来と内科の通院のダブルヘッダー。面倒なので正直に言わないでちょっと不調でしたが、今は大丈夫ですとか何とか言おう。どうせ「手術の後だから体調が戻るのには少し日にちがかかる」って言われるし。



 入院中、はす向かいのベッドのお爺さんのことを思い出す。看護師が通ると咳き込む。実際爺さんも手術の後なので喉が苦しそうだし逆流もしてたみたい。看護師と話すのが楽しいみたいでベラベラ喋る。看護師も辛抱強く聞いては問い返す。するとまたベラベラ。
 看護師は他へ行きたいだろうなとぼくなんかは思うのだけれど、お爺さんは人気があるのかもしれない。分かっていることをわざと訊いている感じもある。人たらしというのかかまってちゃんなのかギリギリのところ。爺さんの息子が時々来ておネエ言葉で喋る。
 爺さんももう退院しているはずだ。

男性宮の多い人

 西洋占星術の星座には性別があり、天体が10個あるのですが、全て男性宮つまり男性宮10個というのは珍しいです。


 ムツィオ・クレメンティは10個です。モーツァルトと即興のピアノ演奏をしてモーツァルトより技巧が優れていたという話があります。少し不満そうに落胆したモーツァルトにクレメンティは話しかけました。
 「君も素晴らしいピアノ演奏だったよ。技巧はそれほどじゃないが、私には無い情緒と感性がある」
 と。何だか意外なエピソードだと思った方も多いと思います。神童と言われたモーツァルトにも黒歴史的なことがあったんです。


 でもクレメンティの言ったことは正しくて、その辺のピアニストに比べたらはるかに技巧があるモーツァルトですが、感性はすごいものがあったのだなと思います。少なくとも当時は。

Clementi - Sonatina Op.36 No.3 in C Major
 聴いてみると同時代人だけあってモーツァルトに似てる面もあります。ちょっと平凡かなとは感じます。
 ちなみに男性宮の数とテクニックは関係ないです。


 モーツァルトのライバルというとサリエーリが有名ですが、ここでは述べません。


 他に男性宮10個は詩人で作家のT・S・エリオットです。


 身近では太地喜和子、星由里子(たぶん)、車だん吉(たぶん)、晴乃タック(漫才のボケ担当:我々の世代だと『いーじゃなーい』が爆裂ヒット)、あと作家の井伏鱒二がそうです。



 それと最近知ったのですが、五つの赤い風船の女性ボーカル(シンガーソングライター)であった藤原秀子もそうです。

五つの赤い風船~藤原秀子「私の唄」
 この歌は確か藤原秀子のソロCDアルバムにも収録されているはずですが、廃盤でプレミアが付いています。ヒゲのイケメンさんは夫となる東祥高です。

遠い空の彼方に 五つの赤い風船1971.5.19ウッドスモッグコンサート 日比谷野音
 この日は雨だったんですね。
 ぼくは東京出身で世代も数年下ですから、関西フォークは疎かったのですが、6~7年前に「五つの赤い風船」のアルバムを聴いて驚嘆し、感動しました。
 DVDも買ったのですが、ごく最近のものなので女性ボーカルは青木さんという人でした。


 DVDの中にインタビューが収録されていて、南こうせつが「あの当時の藤原秀子のあの歌いっぷりは他を圧倒するものがありました」と、語っていて印象深かったです。
 「あの歌いっぷり」という表現はホントに的を射たものだと思います。
 (歌いっぷりのすごい人だと「フランシーヌの場合」の新谷のり子もそうですが、彼女の場合容姿にも恵まれていました。)


 それにしてもリーダーの西岡たかしもドえらい女性ボーカル(シンガーソングライター)を探し出してきたなぁと思うのです。


 それから旦那さんの東祥高(key)も「五つの赤い風船」のメンバーでしたが、この方は男性宮9個とかなり多いです。ヤン・ハマーなどと同じです。


 最近知ったのは藤原秀子も東祥高も亡くなっていたことです。


 他のミュージシャンで男性宮10個の人は、大徳俊幸(キーボード)と庄田二郎(トランペット)がいます。

手術中に見た夢

 10日前に手術をしました。喉の外側の首のつけ根を切る手術です。午前8時半か9時ごろ手術室に入りました。


 全身麻酔を掛けられる時はどんなだろうとワクワクしていました。だけどその前に点滴を打たなければなりません。手の甲に刺すんですが、これが痛い痛い。「いたたたた」


 で、酸素マスクを付けられて「そのうち身体がフワフワ浮いてきますよ」と告げられてホントに身体が宙に浮いてきました。(ワクワク)


 当たり前ですが、眠ってしまったのですね。何か夢を見たように思えます。


 この数年見ていた夢と同じパターンです。
 
 新宿か渋谷の本屋とかCD店でDVDを探したりして、


 繁華街のいろいろな店舗を見て回り、


路地に入っていくのです。


 どうして同じ夢ばかり見るんだろうと思い、焼き場の下見でも行ってるのかなと、退院後比較的親しいヘルパーさんに言ったら「ガハハ」と笑われました。


 でも確かに渋谷区に斎場があるし新宿区にもあります。


 ちなみに執刀医の先生には会いませんでした。麻酔が掛かった後に登場し、麻酔が解ける前に退場したのですから、水戸黄門か篠山紀信みたいです。準備と後片付けは助手の先生や麻酔スタッフ看護師が万事やりますから。