昭和レトロな赤坂の思い出

昭和レトロな思い出を書きます。主に赤坂中心ですが、東京近郊にわたると思います。
趣味の話も書くつもりです。

神経衰弱

 小林秀雄の講演をYouTubeで見た。


 以前は、小林に対して偏見を持っていた。細面でインテリで女にモテただろうに。富永太郎や中原中也と知り合いで中也の恋人を寝取った銀流しぐらいに思った。


 著作を読んだら大事なところは疑問符にして誤謬を免れる文章にしている。ちゃんとした学者じゃないし、作家でもないし評論家でもない。まして思想家でもない。
 富永太郎みたいな夭折した美少年とも違う。


 でもYouTubeを見たら、江戸弁で下町の町人や職人みたいな調子で喋っている。ヘタな落語より面白い。観客の多くはインテリの学生だろう。思わず笑わされている。
 こういう口調に慣れていない学生に面白がられて不思議ではない。
 小林の熱烈なファンがいるのもそのせいだろう。



 昔はうつ病のことをノイローゼと言った。もうちょっと前は神経衰弱と言った。陰ではキチガイと言った。


 小林は講演で「キチガイ」を連発している。マスメディアはもちろん、文字起こしも憚れるような発言だ。
 70年代とはいえ学生たちも引き気味。


 だけどオレは気に入った。高っ調子でべらんめえでこうはっきり言われるとスッキリする。さすが神田生まれの江戸っ子だ。



 それで自分のことを引き合いに考えてみた。
 そうだ、オレもキチガイの一種かもしれない。大目に見ても半分キチガイだ。半キチ捕物帖。


 3歳のころトランプで神経衰弱をやったら7歳の従兄と同じ枚数取ったので、お祖父ちゃんにこれはエラい子になるぞと言われた。(お祖父ちゃんは昭和35年に66歳で亡くなった)


 豈はからんや、自分はこんなデキの悪い大人になってしまった。


Germaine Tailleferre et Nadia Boulanger

 本田弾と聞くと段田男を思い出します。薄紫色の詰襟の制服姿で演歌を歌ってた人。


 以前よりだいぶ強くなった日本の試合をつい見てしまい、チャンネルを変えたら93歳のピアニストがモーツァルトとか流麗に弾いていました。覚えにくい名前のピアニストです。ああいうモーツァルトならずっと聴いていたいと思いました。





Germaine Tailleferre: Rêverie (1964)
 ジェルメーヌ・タイユフェールは1892年生まれなので、芥川龍之介と同じ歳。


 この曲は三善晃にこういう曲があったらいいのにと勝手に思います。日本の古典文学に合いそうな音楽だと思いました。







Nadia Boulanger (1887-1979) : Fantaisie variée pour piano et orchestre (1912)
 ナディア・ブーランジェは1887年生まれなので谷崎潤一郎より1歳下。リリの姉です。
 
 妹のリリは20世紀的な音楽を先駆けて作っていましたが、ナディアはいい意味で19世紀的なロマンを残しています。フォーレを思わせるフランス的な楽想。

眠り眠り病

 昼も夜も寝てばかりいる。いくら寝ても眠い。


 一種のうつ病だな、これは。一日1回はデパス飲んでるし。


 買物依存症だし、死に欲で気になる本はポチッとやっちゃう。


 そんなに読めるか?って?拾い読みだよ。


 つまらなくなったらふて寝。


 ふとん被るのも面倒で掛け布団の上にへたり込んで寝ちまう。


 末期的症状。


 リハビリも今週いっぱいで断ったし、毎日トレーナーが家に来るのは
精神的に参るよ。


 どうにかなれってんだ。

Honegger Symphony No.3 / Symphonie Liturgique


Honegger — Symphony No. 3 "Symphonie Liturgique" (1945–46)
 オネゲルはフランス生まれですが、両親はスイス人。


 ヤンソンズ指揮のオスロ管弦楽団のCDは量販店で試聴して買いました。一目惚れのような感じでした。
 上はコンセルトヘボウのものですが、雰囲気は伝わっていると思います。


 オネゲルとヤンソンズは相性がいいようです。


 以前もしかしたら交響曲2番はアップしたような気がしましたので今回は3番にしました。
 Liturgiqueは「典礼風」という意味です。



 オネゲルはピエール・ルイスの『ポゾール王の冒険』の音楽も手掛けているのでそちらも是非聴いてみたいです。


寺川正興 & 江藤勲 (トップベーシスト)

 寺川正興と江藤勲は日本が誇るベースプレーヤーです。ベテラン有名スタジオミュージシャンからも神と崇められています。



 おそらく寺川氏のベースはどこかで必ず聴いているはず。ヒット曲の数々、アニメのテーマなどで自然に耳にしています。その独特のベースラニング、変態ベースなんですが、聴いている分にはオーソドックスに聴こえる。R&Bという範疇に近い気がします。
 寺川氏は60代で亡くなっています。



 江藤氏は数年前に逝去されたそうで71歳と若い。こちらのほうは特定できないのですが、江藤勲で検索した結果をアップしてみます。






 寺川正興のベースと思われる曲

力石徹のテーマ





 江藤勲のベースと思われる曲。

安西マリア 『涙の太陽』 1973年



 ちなみに安西マリアも亡くなったそうです。