昭和レトロな赤坂の思い出

昭和レトロな思い出を書きます。主に赤坂中心ですが、東京近郊にわたると思います。
趣味の話も書くつもりです。

ショパンの生年月日 解析

X=VVVVA
Y=VAVVA


Xは前ベクトル、Yは後ろベクトル。これはどう導かれるか。


V=偶数/奇数
A=奇数/偶数


上記は分数のデザイン。つまり、Vは奇数分の偶数。Aは偶数分の奇数。


偶数、奇数はどう導かれるのか。


ここからちょっと細かくなる。


あ)太陽月水星金星火星にどのくらい男性宮があるか、
すなわち、偶数あるか奇数あるかを解析する。


い)木星土星天王星海王星冥王星にどのくら男性宮があるか、
すなわち、偶数あるか奇数あるか算出する。


あ/いが最初のVに当たる。




この例ではXとYのちがいは2個めのVとAだけであるから
説明すると、今度は太陽月水星金星火星の中だけで同様な作業をする。


ショパンの場合
Xうお てんびん みずがめ みずがめ おひつじ・・・・・・a-2
Yうお やぎ   みずがめ うお   おひつじ・・・・・・b-2


最初Xのほうで見てみるとa-2の太陽、月、水星における男性宮は2個。
b-2木星、土星、天王星、海王星、冥王星における男性宮は3個。


2と3で偶数と奇数。すなわち偶数/奇数=V


次にYを見る。b-2は奇数と偶数すなわち奇数/偶数=A



なお、水星は二度ダブって見ることを先にお断りしておくべきだった。



占いの基本は以上です。順番に遠い天体も同様に解析していきます。5個のアルファベットは5回この作業を行うという意味です。


ここまで読んで判った人は少ないと思う。説明には体力が必要だ。
くわしいことは「Metrum方式」の「コミュニケーション鑑定」でググって見てください。
完全無料の占いホームページやブログが出てきます。



解析のあとは解釈説明と続けたいがもう少し月日をください。


ショパンはVVV型のところに記述がありますが、解釈を変えてVAV型のところを見てください。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。