昭和レトロな赤坂の思い出

昭和レトロな思い出を書きます。主に赤坂中心ですが、東京近郊にわたると思います。
趣味の話も書くつもりです。

Cesar Franck セザール・フランク Violin Sonata

 セザール・フランクは1822年ベルギー生まれです。弟子にはショーソンやルクーがいます。
 フランクは馬車による事故で亡くなりました。ショーソンは自転車事故で亡くなりました。
 フランクのヴァイオリン・ソナタはクラシックのヴァイオリニストがかなりの頻度でレパートリーとして取り上げる名曲です。
 またチェロで演奏されることもたびたびあります。



César Franck-Violin Sonata in A Major (Complete)
 ただ、楽章の終わりが曲の終わりのような感じなので、楽章の終わりに拍手されてしまうことがあります。演奏家は喜んでいいやら悲しんでいいやら戸惑う瞬間です。


 ここでの演奏はアイザック・スターンです。クラシック史上に名を残す優れた演奏家ですが、晩年耳を患い音程が取れなくなりました。
 周囲の人々はそれを指摘できず、ヨーヨーマと共演した時もそのまま映像化もされ、悔やまれる録音となりました。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。