昭和レトロな赤坂の思い出

昭和レトロな思い出を書きます。主に赤坂中心ですが、東京近郊にわたると思います。
趣味の話も書くつもりです。

サヨナラだけが人生だ

 映画監督川島雄三の墓碑銘に刻まれた言葉、「サヨナラだけが人生だ」は井伏鱒二の『厄除け詩集』に収められています。


 原典は于武陵(うぶりょう)の「勧酒」という詩です。五言絶句の後半二句は、


 花發多風雨     花発(ひら)けば 風雨多し
 人生足別離     人生別離足る


 これを井伏鱒二が訳して、


 ハナニアラシノタトヘモアルゾ
 サヨナラダケガジンセイダ


 となり、これを川島監督が好んでいました。
 
 このくだりを映画「貸間あり」で桂小金治のセリフに織り込みました。




 川島雄三監督は「幕末太陽傳」で有名です。

 ですが、監督自身はこの映画より「赤信号・洲崎パラダイス」のほうが好きだと語っています。

 「赤信号・洲崎パラダイス」



 ちなみに日本の頓阿法師の歌に「世の中はかくこそありけれ山風吹きて春雨ぞ降る」があり、「勧酒」に基づいたものと言われています。




    (参考:講談社学術文庫)


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。