昭和レトロな赤坂の思い出

昭和レトロな思い出を書きます。主に赤坂中心ですが、東京近郊にわたると思います。
趣味の話も書くつもりです。

薬剤師は頓珍漢(´;ω;`)ウゥゥ

 薬剤師に頓珍漢な人が多いのはなぜだろう?(医者もだが)


 もう4年近く薬を調合しているのに症状を間違えて記憶している。うちに届けてくれるからこちらも丁寧な応対をしているつもりだが、3年前に語気を強めて訂正したことをまた同じ間違いで訊いてきた。(じゃあ、ずっとそう思っていたのか?)


 思い込みが激しい。この患者はこんな感じだろうと決めてかかり、ストレートにバカな質問をしてくる。


 4年前転院する際、退院の準備で取り込み中に薬の説明をしに来るポンコツもいた。あと1時間でもいいから早く来いよ。(じゃなかったら前日だっていい)



 今日はせっかく落ち着いた気分でいたのに台無しだ。あと二週間もしたら手術だ。術後1か月は入院するが、先が思いやられる。


 手術失敗して帰ってこれなければ、いっそそれのほうがいいとさえ思う。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。