昭和レトロな赤坂の思い出

昭和レトロな思い出を書きます。主に赤坂中心ですが、東京近郊にわたると思います。
趣味の話も書くつもりです。

漫才作ってみました

 爆笑問題の太田光に似ている太田(以後太)と田中に似ている田中(以後田)、さらにタカ&トシのタカに似ている(以後タ)とトシに似ている(以後ト)を想定しました。



 太「最近ながらスマホが問題になっているけど」
 田「なってるよね」
 太「ぼくが官僚だった20年前に」
 田「ウソつくんじゃない」
 太「まあ学友だった官僚はすでにながらスマホやってた」
 田「だからウソつくんじゃないよ。スマホはまだ無かったろ」
 太「私の記憶が正しければ・・・」
 田「うん、そういうセリフはあった」
 太「しゃぶしゃぶ鍋囲んでノートパソコン見てた。略してノーパソしゃぶしゃぶ」
 田「ノーパソじゃない、ノーパン」
 太「お前なんていうこと言うんだ」
 田「訂正しただけ。実際あったんだから」
 太「こいつが言ったんですよ、みなさん」
 田「いいかげんにしろ」



 タ「そこのお女中!逃げたまえ、ここは私に任せて」
 ト「実際は言う場面ないだろ」
 タ「破落戸は退治した。もう大丈夫だ。では私は失敬する・・・」
 ト「ありがとうございます。せめてお名前を」
 タ「アナ〇ほどの者ではない」
 ト「それ言いたかっただけだろ!お前。名乗れ、せめて名乗れ!」
 タ「早乙女主水之介!」
 ト「旗本退屈男じゃねえか」
 タ「まじめか!」




 ト「ねぶるって言葉あるの知ってたか」
 タ「知らない。なぶるなら知ってるけどな」
 ト「ねぶるは舐めると書いて『舐る』:=しゃぶるって意味なんだよ」
 タ「へええ」
 ト「関西とか九州なら子供でも知ってるんだ。箸をねぶっちゃいけないとかしつけするんだって。でも関東じゃあんまり使わないから、還暦過ぎたお爺ちゃんお婆ちゃんでも知らなかったりする」
 タ「お前関東じゃねえだろ。北海道だろ」
 ト「お前もな」
 タ「ねぶる、か。流行りそうだな。ネブラーとかさ」
 ト「渋谷か」
 タ「シャブラー~!」
 ト「やめろーッ!」



 
 太「もりかけ問題さ、興味ないんだけど」
 田「ざるそばが好きだからとか言うんだろ」
 太「すごいな田中のくせに。オレの高度なギャグを言い当てるとは」
 田「田中のくせにって何だよ。新橋のサラリーマンが言いそうだろ」 
 太「あ、そうだ。お前が打ち合わせで言ったんだっけ」
 田「こんなところでバラすな」




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。