昭和レトロな赤坂の思い出

昭和レトロな思い出を書きます。主に赤坂中心ですが、東京近郊にわたると思います。
趣味の話も書くつもりです。

永青山の廃寺     絶海中津

 絶海中津(ぜっかいちゅうしん1336-1405)は土佐の人。天竜寺の夢窓疎石に侍し、その高弟・春屋妙葩(しゅんおくみょうは)の薫陶を受けた。


 33歳で明に留学。『蕉堅藁』(せうけんかう)は中津自ら厳選した。



 『蕉堅藁』より「永青山の廃寺」を紹介します。



  永青山廃寺         永青山の廃寺


 永青山裏古禅林       永青山裏の古禅林、     
 満目蕭条枳棘深       満目蕭条(せうでう)として枳棘(ききょく)深し。
 不識何人行道記       識(し)らず 何人の行道の記ぞ、
 蛟竜欠落臥花陰       蛟竜は欠落して花の陰に臥す。



 永青山裏=西湖志三に、永清塢にある永清庵のことが載っているが未詳。


 満目蕭条=見わたすかぎりものさびしいさま。



 枳棘(ききょく)=からたちといばら


 行道の記=この寺で修行した或る僧の伝記。



 蛟竜(こうりゅう)=上部に竜を彫った石碑。




 (参考:岩波書店)


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。