昭和レトロな赤坂の思い出

昭和レトロな思い出を書きます。主に赤坂中心ですが、東京近郊にわたると思います。
趣味の話も書くつもりです。

A・Schoenberg Notturno P・Hindemith 5 Pieces ヨーロッパの憂愁



A. Schoenberg - Nocturno for strings and harp Dijana Ilkoska and the String Chamber Orchestra
 Notturnoは夜想曲になりますが、元は「沈痛で叙情的な(特にピアノにおける)」という意味です。


 アルノルト・シェーンベルクの中ではおだやかな曲です。








Paul Hindemith: 5 Pezzi per orchestra d'archi op.44 n.4 (1927)
 この曲を知ったのは、ヴァイオリニストのシモン・ゴールドベルクが亡くなる少し前に来日し(93年)、水戸室内管弦楽団の指揮をしたときです。


 パウル・ヒンデミットはシェーンベルクの12音技法には否定的でした。ただし、自身のピアノ曲において12音技法を用いています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。