昭和レトロな赤坂の思い出

昭和レトロな思い出を書きます。主に赤坂中心ですが、東京近郊にわたると思います。
趣味の話も書くつもりです。

渋谷の街を走って逃げた

 長い午睡から覚めてトイレに立った。


 おっ!トイレ改装したのか。そうだよなー、男専用の便器が無くっちゃなあ。

 部屋は母と祖母が談話している。



 図書室にブロワの『絶望者』があった。自宅にもあるが、外出するのに手持ち無沙汰だから借りていくか。


 待てよ、図書カードの期限が切れてるから身分証用意しなくちゃ。
 でももう閉館5分前じゃダメだ。今日はあきらめるか。


 街は相変わらずごちゃごちゃしていた。


 なんか面白いことないかなあ。


 ビルの屋上に上がってみた。となりのビルの屋上が見える。

 屋上でワニ飼ってるよ。いいのか?


 街つまんね。


 アトラクションやってる。月光仮面だ。

 目の前で月光仮面とサタンの爪を見るとはビックラこいた。


 道を歩いていくうちに寂しくなった。

 あそこ空き地かな?
 渋谷なんて昔はペンペン草が生えてたよ、って誰か言ってたな。



 足が六本のカバとサイ、気持ちわりー
 こんな空き地で放し飼いしてやがる。こえー


 なんかヤバいところに足を踏み入れたみたいだ。脱出せねば。


 とにかく走ろうーーーー



 やべやべ ありえねー



 はああああああ



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。