昭和レトロな赤坂の思い出

昭和レトロな思い出を書きます。主に赤坂中心ですが、東京近郊にわたると思います。
趣味の話も書くつもりです。

70年代の混沌 細野晴臣


Haruomi Hosono - Hong Kong Blues (1976)





Haruomi Hosono - Sayonara (The Japanese Farewell Song) (1976)


ソロアルバム1st「細野ハウス」からいきなり「トロピカルダンディ」の時点でファンは戸惑ったにちがいない。「泰安洋行」においては細野から離れて行ったファンも多かったはず。細野のファンなのか細野のサウンドファンなのかはっきり判明する分水嶺だったにちがいない。
 その後の流れを見てもイエローマジック何ちゃらとかエキゾチックなアルバムが続く。


 そしていきなりYMOの発生も驚嘆に値する。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。