昭和レトロな赤坂の思い出

昭和レトロな思い出を書きます。主に赤坂中心ですが、東京近郊にわたると思います。
趣味の話も書くつもりです。

細野晴臣の風景

 細野晴臣は白金の出身である。ふた昔ぐらい前、テレホンショッキングで山本コータローが細野さんああ見えて麻布の出身なんですよ、と言って場内を沸かせた。


 次のゲストは細野自身でタモリに細野さんご出身は?と問われ、芝と答えた。地方出身者は芝、芝?芝ってどこだ?となる。


 芝は芝區のことである。港区の南側に位置する地域は細野晴臣が生まれるころまではれっきとした芝區だったのである。つまり山本の誤解に基づく発言だったのである。
 20年ぐらい前に散歩したときには街の住居表示の瀬戸物でできたような青い板には芝白金と書いてあった。


 細野の実家は白金三光町のおそらく高台、閑静な住宅街にあったと思われる。坂の下は三光町の下町風商店街がある。シブがき隊のヤックンは幼少期この近所に住んでいて精肉店でコロッケを買っていたという。


 細野は白金小学校に通っていたというのだから目黒通りを横断して八芳園の坂を行ったにちがいない。目黒駅から出ているバスの停留所には白金小学校前とあるからバスは八芳園の坂を下って明治学院のほうに抜けるはずだ。
 細野の実家は白金三光町だと思うが、目黒通りを境に白金今里町だ。つまり白金小学校は今里町にあった。
 ちなみに小学校のはす向かいの路地を行くと宗教法人がある。このあたりに昭和30年代は専弘社々長宅があった。専弘社というのはドラマ版「月光仮面」を制作した広告代理店だ。予算の制限下、社長宅を月光仮面の別の顔祝十郎探偵事務所として撮影に使っていた。当時夜遅くまで撮影していたのでご近所さんから苦情が来たという。


 中学は慶応を受けたという。受からなかったので青山南町の青南中学に通う。高校も慶應を受けた、また落ちた。ここでつくづく自分は頭が悪いんだなと思ったと細野自身の回想がある。
 立教高校に通う。もちろん立教で充分なわけだが、親や親戚と比較して自身でそう思ったにちがいない。


 ちなみにマスコミなどでシロカネシロカネと唱えているのは現在の白金台を指す。現在の白金と称するところは半工業地帯商業地域でオシャレなイメージではない。


 最初のうちはフォーク志向だったかもしれない。ベースで活動する時期は詳しくは分からないが新宿あたりにあったディスコやジャズ喫茶に生演奏を派遣されて出かけていったのかもしれない。


 そのあとのことは皆が知るエイプリル・フールやはっぴいえんど(結成当時の名はバレンタイン・ブルー)だった。バンド移動中に新しいバンド名をメモっていたというから松本も不安に思ったらしい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。