昭和レトロな赤坂の思い出

昭和レトロな思い出を書きます。主に赤坂中心ですが、東京近郊にわたると思います。
趣味の話も書くつもりです。

登楼     

 今日は都心でも雪がこんこん降っている。
 雪が降っていると静かだ。


 晴れれば山に登りたい、などと土台無理な空想をしながら炬燵に潜っている。



  登楼         登楼


 空山一逕不知還    空山一逕(いっけい)還(かへ)るを知らず
 臥看靑苔心自閒    臥(ふ)して看(み)る靑苔(あほごけ)心自(おのずか)ら           閒(かん)なり
 古刹繙經書一巻    古刹(こさつ)經(きょう)を繙(ひもと)く書一巻
 高峰月照聳雲間    高峰月照し雲間に聳(そび)ゆ




 空山=淋しい山
 




 一逕=こみち(この写真は加工したせいか何故かアップできました。自分で撮ったものです。)




 靑苔



 閒=しづか




 古刹=古寺



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。