昭和レトロな赤坂の思い出

昭和レトロな思い出を書きます。主に赤坂中心ですが、東京近郊にわたると思います。
趣味の話も書くつもりです。

七五三

 昭和32年の11月は七五三でぼくは3歳でしたので、親戚のHさんのおうちに遊びに行きました。


 Hさんのおうちは本郷にありました。長男Kちゃんと次男Sちゃんは従兄に当たります。Kちゃんはちょうど7歳でSちゃんは4歳でした。


 彼らのお父さん、つまり伯父ですが、カメラの趣味があってこの時も写りの良い記念写真が残っています。たぶんブローニー版だったと思います。白黒ですからちょうど成瀬己喜男の映画のようにトーンのキレイな写真です。伯父さんは戦時中シベリアで抑留されていました。


 ぼくはベレー帽をかぶって黒いヴェルヴェット生地の上っ張りに厚地のズボン姿でした。記念写真を見ると母がげっそり痩せています。おそらく嫁姑の問題があったのだと思います。


 Kちゃんは小学1年生です。制服ではありませんが、上下のスーツのようなパリッとした格好です。 伯父さんはSちゃんにもカメラを向けます。ぼくは少し離れたところに立っていましたが、顔を斜めに出してSちゃんと一緒に写るようにしました。その瞬間のことは57年経っても昨日のように憶えています。


 伯父さんはSちゃんを撮りたい、ぼくはぼくで一緒に写りたい、だけど露骨にSちゃんのところに駆け寄っては伯父さんの意図にそぐわないだろう、と瞬間思ったので遠慮気味に顔を出したつもりです。写真を見てみると、Sちゃんはソッポを向いていて、その横に顔を斜めに出したぼくもちゃんと写っていました。


 Sちゃんはハンチング帽をかぶっていました。このころはまだハンチングが普通に流行っていたんだと思います。月光仮面(昭和33~34年)の悪役にもハンチングの由というのがいました。

実写版ヒーローたち

 「少年ジェット」の「ウーヤーター」は真似をしたことがあります。雷や嵐が巻き起こったらどうしようと思いながらやっていました。迷探偵の屯田もん太役の人は何か円満な顔をしていて記憶に残っていました。大映の役者さんなんですね。


 「まぼろし探偵」には吉永小百合が出ていましたが当時は全く知りませんでした。進クンの顔もほとんど忘れていました。まぼろし探偵はお面とピストルを買ってもらい部屋で自己満足に楽しんでいました。


 「アラーの使者」はかっこいいと思っていましたね。アラーって言葉の響きが幻惑的な印象でした。



天馬天平とは?



 時代劇系は「天馬天平」と「矢車剣之助」がお気に入りでした。天馬天平は本当に憧れました。時代劇はあまり馴染みがないのですが、これだけは別格です。街道の風景とかもう一度見たいです。天馬天平はDVDになっていないですね。七色仮面と共にリクエストしたいヒーローです。

ナショナル・キッド

 ナショナル・キッドに出てくる少年たちはほとんど団塊の世代だと思います。最年少の子でもぼくより1歳上のように記憶しています。

ナショナルキッドシーズン別オープニング集


 当時はチャコ姉ちゃんが太地喜和子だなんてもちろん知りません。志村妙子の名前も記憶に無かったです。
 それよりも悪役の人たちがインパクトありました。宇宙船の中はああなってるんだなぁと思っていました。本間千代子も出ていましたね。


 七色仮面もインパクトありありでした。あの仏像みたいな仮面にパイナップルが載っているような様は理解に苦しみました。ですが、大人になって改めて見ると月光仮面より凝ったストーリーです。
 中の人が千葉真一に変わったとき子どもでも違和感を覚えました。身体が敏捷すぎると思ったのです。

少年マガジン

 少年マガジンは発売日より数日遅れで一ツ木通りの古本屋で買っていました。40円が30円に値下がりするだけで、自分では倹約しているつもりでした。
 ちばてつやの「ちかいの魔球」とか「紫電改のタカ」、桑田次郎の「8マン」が楽しみでした。「ちかいの魔球」は消える魔球の原理を説明するためのエピソードとして、河魚をモリで突くと魚は一瞬で逃げる、それがちょうど消えたように見える、という例を挙げて説明しているのですが、それがとても印象的でした。
 「紫電改のタカ」も特攻隊で主人公が飛び立つときに母親と妹がおはぎを作るラストシーンがあります。それが子ども心にじーんと来ました。
 「8マン」はテレビ放映された翌日はクラスでその話にもちきりでした。下敷きをビャッとさせて8マンが走る音を真似したりしました。ハッサンの家に遊びに行くとソノシートで主題歌を聴かせてくれました。

昭和な商店街

 一ツ木通りのお肉屋Iさんと豆腐店Iさんあたりから赤坂見附方向に降りると花屋さんがありました。
 ここは有名歌手Sの名義だったと思います。弟さんが経営していたとどこかで見ました。
 数年前に売却してSは長者番付の上位に浮上しました。今はビルが建って1階はカフェになっていますね。


 その並びに有職寿司という店、うす皮玉子で五目すしを覆ったような甘口のおすしを売っていました。うちも時々買っていました。読み方が難しい店名です。昭和か平成のころに路地に移転して、その後閉店したと聞いています。デパートに店舗が出ていたころは時々母が買ってきました。


 このあたりに信用金庫の支店があったり後年ATMになったりしたように思います。昔は大きめの八百屋がありました。改装してTスーパーになっていた時期もあります。


 一ツ木通りの有馬写真館では赤ん坊の時や七五三の時に記念写真を撮ったりしました。お肉屋Iさんでは肉だけでなくとんかつやコロッケを買っていました。


 隣りの豆腐店が早い時期に喫茶店などの経営をしていましたが、お肉屋さんは平成まで頑張っていたように思います。