昭和レトロな赤坂の思い出

昭和レトロな思い出を書きます。主に赤坂中心ですが、東京近郊にわたると思います。
趣味の話も書くつもりです。

映画館の看板描き

  映画館の看板描きをしていた小父さんは、浅草の映画館は顔パスで入っていたそうです。戦後の映画はほとんど見たと言っていました。浅草出身の小父さんが特攻隊の生き残りという話は以前書きました。
 
 府立三中から上野の美術学校へ進んで絵描きになるつもりがまさかの特攻隊です。
 


 看板描きをする前は横須賀の米軍基地で運転手などをして米兵から仕入れた洋もくなどを闇で売ったりしてたそうです。闇のたばこは祖母もしていた時期もあったそうで、珍しい話ではありません。
 小父さんはwaterは「ワラ」と発音する、これは父も同じことを言っていました。


 映画通の小父さんに邦画で見たいのは何か?と訊いたところ、即座に「浮雲」、「めし」と返事が返ってきました。恋愛ものはゴメンだよとぼくに告げました。ぼくはさっそく家にあった「浮雲」と「めし」のDVDを持っていって貸しました。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。